イタリアンバイクの紹介

所有している3台のイタリアンバイクを紹介します。 美しいデザインでありながら、本来のオートバイとしての性能も素晴らしい、イタリアンバイクを紹介します。

BIMOTA DB7

ビモータDB7 オリジナルのDB7 多分 日本に生息するオリジナルはこの一台かもしれない。多く輸入されているのは、DB7Sでモトコルセがサスをオーリンズに換えたものだ。

カスタム

  • ブレンボCNCキャリパー
  • ワンオフCNCセパレートハンドル30MMUP
  • ダイヤステッチ革シート
  • チタンエキゾースト
  • グリップヒータ
  • HIDヘッドランプ

MV AGUSTA BRUTALE1090RR

エムブイアグスタブ ルターレ1090RR アグスタ最後TIG溶接 ハンドメイドフレームのブルターレ。今ではセリエオロでさえ機械溶接になってしまった。エンジンはフェラーリが設計したと言われる、崇光の4気筒エンジンで、2本のオルガンパイプからのエキゾーストは素晴らしい。 

カスタム

  • ダイヤステッチ革シート
  • ほぼ全ての外装プラスチックパーツをカーボンに変更
  • チタンエキゾースト
  • チタンボルト類
  • HIDヘッドランプ

DUCATI HYPERMOTARD 821

ドカティハイパーモタード821 ドカティの異端児的バイク、挑戦的なスタイルは軽い林道も走れてしまう、万能マシン。しかし車高が高いので足つき性は良くない。

カスタム箇所

  • 前後サスペンション
  • カーボンホイール
  • カーボン外装パーツ
  • マフラー
  • ALTディスク
  • HIDヘドランプ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。