海外行けないから日本の海外行ってきたday1−2

マジでほんと疲れるコロナ、もう1年半も立ってるけど、未だに海外に行けないし、というか行けても隔離だの何だのめんどくさくて、海外の観光地も自粛とかでフルオープンじゃ無いから何だか気が乗らない。ちょっと長すぎるよね。しかも時が経てば経つほど増えてるって謎すぎる。(8月末) そんな状況だから折角日本人だから日本行って見よーって事で、今回は北海道に行ってきた。予報の天気はずーっと雨か曇り、いやも天候最悪晴れ男に免じて勘弁して欲しいけど、出発日もどんより曇りだった。バイクは雨だとかわいそうだなー。でも楽しそ。

東京から車で行く北海道のルートは概ね4つ、車持ち込むには全部海渡って船必要、だから海外相当。車のトンネルや、橋が無いのはいまだに北海道だけだ。と言う事情で大洗からフェリーか仙台からフェリーそして新潟からフェリー 陸路ガンガンに行って青森からフェリー この中一番近いのが、大洗からフェリーと言う感じだ。所要時間は世界のどこ行くよりも遠く、約18時間船旅プラス待ち時間等で約21時間ほぼ一日。

その他、仙台もトータル同じくらいだけど、仙台の方が2時間くらい早い感じで、新潟はむしろ2時間遅いって感じだから大洗が便利。青森は永遠高速走らないと行けないし、疲れるから北海道だけ行くなら選択肢は無しって感じでどれも時間掛かる。そんなわけで今回は、船室が豪華なサンフラワーで北海道に向かった。 

部屋はスーペリアでベットが2つとソファーそしてデッキがあって船旅気分最高、思ったより揺れないし、少しエンジン音は気になるけど、すごく快適だった、食事はバイキングで大丈夫なのって感じだったけど、窓際で海を見ながら食べる食事は意外に良かった、そして展望風呂が広くてこれまた快適、コロナで空いてたって言うのもあるけど食事して、デッキ出て、寝て 食事して デッキ出て、お風呂入ればもう北海道、すごく楽だった、wifi環境は使えなかったけど、ほぼ日本沿岸を走るから携帯の電波が入るから全く問題なし。リモートもできそうだ。ワープ感覚で苫小牧到着して、バイク軍団の後に出ることに、乗ったり降りたりの時間が超絶ロスだけどとっても楽だった。

北海道に午後着いて、苫小牧から車を走らせ小樽に向かう、今日の宿泊地は小樽だ、途中小雨に降られたり、出足早々イマイチ天気がっくしだけど、今日の宿はまず予約が取れないと言うくらい格式が高く人気の高い北海道口コミナンバー1の宿だから早めにチェックインすることにし、脇目もふらず小樽到着。 お決まりの倉庫街を見て映えない写真を撮って、宿到着。あれ間違えたかなって言うくらい、誰もいなくてびっくりここ民家?って感じ。するとスタッフが出てきてくれて宿認識。車一台も止まって無い。宿は格式高く宿代も高い。内部を案内されると昔ニシン御殿と言うことなんだけどすごく豪華だった。一番乗りで一番いい部屋用意してもらって窓の外には小樽の港が見えて素晴らしい景色だった。 

時間もあるので、かつてない位の広大な露天風呂つかり海を見下ろすと、列車が走っており情緒最高、すると何だか夕日が出て来て、天気回復の兆し素晴らしい、料亭旅館なので早めの食事にして貰って食事タイム、まだ外は明るく夕陽を浴びる街並みがいい感じだった。食事はどれも美味しくまさに料亭の懐石って感じで文句なし。でもそうそう予約取れなくて何時も満室だったこの宿、偶々平日運良く取れたんだけど、食事はさぞ人もなんて思ったけど、なんと2組だけ。コロナで客を絞ってるらしいけど、7分の1って感じ。北海道の宿も大変なのね。 ビール飲んで北海道の料亭料理を食べて即撃沈。明日から本格的な北海道の旅の始まりだ。

 

投稿者: TOMKURU

いい歳をしてバイクに乗ってるおじさんライダーです。海外のバイクが大好き。峠を走って一休みで缶コーヒ飲むのが大好き。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。